Liquides Imaginaires Eau de Parfum "Bloody Wood"

Liquides Imaginaires

“Perfume (=香水)”の語源は、ラテン語の“Per fumus(=煙を通して)”が由来となっています。香水は、神聖な儀式の初めにインセンスと樹脂を焚香し、神を崇め薫香を捧げていたことが起源と言われています。
Liquides Imaginaires(リキッドイマジネ)は、香水業界で実績のある二人のエキスパート、レアな香りを求めるハンター David Frossard (ダヴィッド・フロサール)とデザイナーPhilippe Di Meo(フィリップ・ディメオ)のコラボレーションによって、誕生しました。二人に共通するのは『パフュームの持つパワー』への飽くなき興味と探求心。彼らの情熱がフレグランスブランド創設の原点となっています。
神聖でミステリアス、魔法のようなパフュームの持つパワ―に着目し、香水の物質的変化によるマジックー目に見える液体が揮発し、見えないけれど、たしかにそこに漂う存在感ーに魅了されます。彼らは既存のフレグランスという枠にとらわれない、新しいタイプの香水を求めながらも、香水の原点に立ち返り、本質を追及する手を緩めません。
トリロジーは、香りのテーマ毎にコンセプトがあり、熟練した職人が手がけた特別なボトルに収められています。おとぎ話に登場するような宝石で装飾されたアンフォラの壺を彷彿とさせるボトルは、世界中のセレブリティの支持を得ています。
五感にストレートに訴えかける媚薬のトリロジー。
リキッドイマジネは自己の内面に向き合う旅へと誘います。香りの魔法にかけられるのは、信仰心をまとうような感覚です。胸の奥深くにしまい込んだ人生、記憶、欲望と対峙し、新たな自分に出逢うことができるでしょう。
リキッドイマジネは、 ≪Trilogy of Humours≫という、非常ユニークなカプセルコレクションによって構成されています。


Eau de Parfum (Bloody Wood)
Trilogy II - Les Eaux Sanguines レ ゾウ サンギーヌ
血液を彷彿とさせる聖なるワインを体現した香りのラインナップです。
【グランクリュ ブルジョワ〜コントラスト奏でる香り】
ワイン、それは神々からの贈り物。古代から知性と官能、そのどちらも掻き立てるものです。Bloody Wood (ブラッディ ウッド)のジュースは、知性と官能の静かな決闘です。闘いながら真実だけが潜んでいくかのように。香りはまるで闘いに挑むかのような構成になっており、血液のついた鋭い刃物のような冷たいメタリックのトップノートから始まります。ハートノートのチェリーとラズベリーの赤いジュースに導かれ、オークのウッディベースノートの暖かさに包まれます。
[ 原産国 ] FRANCE
[ 香りの詳細 ]
Notes : ホワイトワインの澱、ヴァイオレット、ローズオキシド、フルーティレッドワインアコード、チェリー、ラズベリー、ウッディアコード、サンダルウッド、オーク
(調香師: Shyamala Maisondieu)




● 商品写真は撮影状況やPC環境により、モニターでご覧になった際には実際の色調と若干異なることがあります。

● 商品の採寸結果につきましては、計測者による若干の差異、または製品の処理法(製品洗い、ダメージ加工など)により個体差がある場合がございます。

● [PERMANENT MODERN online shop]で取り扱う商品は実店舗の店頭在庫と連動させておりますので在庫状況が異なる場合がございます。

● ご注文およびお問い合わせのメールは24時間受け付ておりますが、ご返答につきましては営業時間、業務状況により遅れる場合がございます。

● 原則として不良品以外の返品はお断りをさせていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 25,000円(税込27,500円)